愛犬には手作りご飯を与えて健康をコントロール!

手作り食に挑戦

エサ

食べてはいけないもの

犬の食事には市販のドライフードやウェットフードが便利ですが、最近は手作りご飯を用意する飼い主さんも増えています。毎回の食事を手作りご飯にするのは大変ですが、特別な日のごちそうや、健康状態の変化が気になる際、食欲が落ちている際などに与えてあげてはいかがでしょうか。犬は雑食性なので、ほとんどのものを食べることができますが、やはり食べさせてはいけない食材、体に害になる食材もありますので、まずは食べてはいけないものを知っておきましょう。犬が食べてはいけない食材で有名なものにネギ類があげられます。そのまま与えるということは少ないですがハンバーグなどにも入っていますので、注意しましょう。さらに刺激の強いもの、糖分が多すぎるもの、イカやタコなどの消化に悪いものも避けます。手作りご飯を手軽に作る方法としては、まず毎日食べているドライフードに手作りのトッピングをしてあげるということがあげられます。これなら短時間で作ることができますし、犬にとっても食べなれたフードもついていますので、安心して食べられるのではないでしょうか。手作りご飯は犬にとっても食事の変化を楽しむことができますし、アレルギーがある場合はアレルギーの原因となる食材を除いて作ってあげることもできますので、アレルギー対策にもなります。手作りご飯を作るポイントとしては、栄養のバランスを整えた食事を用意してあげること、さらに量やカロリーも適正に保つことが大事です。犬に必要な栄養素はどんなものかよく理解して健康的な食事を用意してあげましょう。

温かいお見送り

ペットを飼う人が増えてペット葬儀の需要が高まり、多くのところで行われるようになりました。人と同じような温かいお見送りをすることが出るようにさまざまなプランが用意をされています。本格的な葬儀サービスが人気です。

可愛らしい外見

沢山の犬種がいる中でも人気の高い犬のひとつにポメラニアンがあげられます。見た目が可愛らしく様々なヘアカットが楽しめること、小柄ながらも勇敢で、学習能力が高く、しつけがしやすいということでも人気です。健康で病気にも強いですが、骨が細いので転倒や高所からの飛び降りには注意してあげましょう。

日頃の観察が大事

犬の皮膚病には、様々な原因があります。大きく分けると、ダニや細菌、あるいは傷やアレルギーなど外的要因によるものと、ストレスなど内的要因によるものの2つです。また、皮膚に症状が出ていても、原因は別の病気の場合もあります。そのため、犬の皮膚病を見分けるには、日ごろの観察が重要です。