愛犬には手作りご飯を与えて健康をコントロール!

日頃の観察が大事

ドッグ

皮膚トラブルを見分ける

犬によくある疾患のひとつに、皮膚病があります。しかし、一口に皮膚病と言っても、その原因と症状は様々です。そのため、犬の皮膚の様子がおかしいと感じたら、まずはよく観察し、対処する必要があります。まず、皮膚病も含めた犬の皮膚トラブルには、外的要因によるものと内的要因によるものがあります。前者は、細菌やダニの感染、あるいは傷やアレルギー反応によって起こるものです。対して、後者は、ストレスなど心因性のものです。そして、いずれの場合も、犬が痒がったり皮膚が赤くなったりといった、目に見える症状があるのが特徴です。また、それらの皮膚病の症状の原因には、他の病気が関係していることもあります。例えば、毛包虫症という皮膚病は、犬の9割に常在する毛包虫というダニが引き起こしますが、その原因は免疫力の低下です。何らかの原因で犬が弱り、免疫力が低下したために、毛包虫が増殖して皮膚病の原因となるのです。ですから、その場合は、まず免疫力低下の原因となった病気の方を治療しなければ、皮膚病も治らないことになります。他にも、原因がストレスの場合、ストレスの要因を取り除くことが皮膚病の治療につながります。このように、皮膚トラブルの原因が皮膚そのものにあるのか、それとも別にあるのか見極めるには、多方面からの観察が必要です。早めに対処し、原因を特定するためにも、日ごろからブラッシングやシャンプーで犬の清潔を保ちながら、皮膚をよく見ておくことが大切です。